リハビリテーションについてRehabilitation

専門性の高い
リハビリテーションを提供

患者様が1日でも早く日常生活を支障なく送れるように、当院ではリハビリテーションに力を入れています。他にも、常勤の理学療法士・作業療法士が15名以上在籍しており、医師の指示のもと西洋医学や東洋医学といった枠組みにとらわれることなく、解剖学、生理学、画像データを基に治療を行っています。

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、病気や怪我により低下してしまった機能の回復を図ることです。手はきわめて繊細な知覚を有しており、単純な運動から精密で複雑な運動まで行う機能を持っています。その機能を発揮するために、手指には狭い範囲に腱、神経、血管、骨・関節などが密に存在しています。

したがって手の外傷においては、それらの組織が複合損傷を受ける場合が多く、専門的な手の外科治療が必要であると同時に、損傷の状態・治療方法・手術方法に合わせたリハビリテーションが必要となります。当院では、手の外科医と緊密に連携を取り合って、早期にリハビリテーションを開始することにより、浮腫の軽減や固定による二次的合併症(拘縮・筋委縮・骨萎縮)の予防が可能となり、出来るだけ短い治療期間で機能回復を図ることができます。

リハビリテーションの種類

当院では2種類のリハビリテーションを提供しています。その2つとは、「機能回復」を目的とした理学療法と「日常生活動作能力の獲得」を目的とした作業療法です。これら2つのリハビリテーションを通じて、患者様により良い生活を送っていただけるようお手伝いしていきます。

理学療法

関節や筋肉の機能回復を目的とし、理学療法士が訓練や治療を担当します。具体的な内容としては、関節可動域訓練や筋力増強訓練に加え、物理療法による治療を行います。元々の運動機能まで回復させるように訓練をしていきます。

作業療法

病気や怪我をする前まで出来ていた日常生活動作が出来るよう、作業療法士がお手伝いします。具体的な内容としては、巧緻動作や実際の生活動作訓練を行います。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 048-682-1010