手術対象疾患Disease

手外科の代表的な疾患と原因・治療法を知ろう

バネ指(弾発指)

指の使い過ぎと、指の構造の老化が原因と考えられています。更年期の女性や妊娠出産期の女性と、スポーツや仕事などで指を多く使う方に発症しやすく、糖尿病、リウマチをお持ちの方はよりリスクが高い傾向があります。部位としては親指、中指が多く、次いで薬指に見られます。指を動かすたび、摩擦によって炎症が進行し、症状が悪化します。

  • 指を曲げ伸ばしするのに使う屈筋腱とそれを包む靭帯性腱鞘という部分に摩擦によって炎症が起きるのがいわゆる「腱鞘炎」という状態で、指の付け根に痛みや腫れなどが生じます。これが進行するとバネ指となり、朝起きた時に指が痛い、曲げ伸ばしをするとカクっと引っかかるような感じがする、などの症状が現れます。悪化すると指を伸ばすことができなくなることもあります。
  • まずは患部の安静が第一ですが、症状が改善しない場合や、重度の場合は手術が必要になります。手術では、局所麻酔下で腱鞘と呼ばれる、腱を覆っている部分の一部を切り開きます。腱鞘の一部のみを切開するため、傷は小さくて済むことがほとんどです。

手根管症候群(CTS)

中高年の女性に多く発生します。日頃から手をよく使う職業の方は滑膜炎が起きやすくその影響も考えられます。他にも骨折をきっかけにしたものやリウマチ・糖尿病など他の病気が原因で起きるものもあります。

  • 手の痺れが代表的な症状です。指の中でも人差し指、中指を中心に、親指から薬指にかけて発症しやすいと言われています。痺れ以外にも親指の筋萎縮や痛みが出ることもあり、親指と人差し指をくっつけるOKマークや、細かい作業がしにくくなります。症状は明け方に強くなり、手を振ると楽になります。
  • 手根管内にステロイド薬の一種であるケナコルトを注射すると効果的です。さらに神経を回復させるビタミン剤や安静にするためのサポーターを装着するとより治療効果が期待できます。進行した場合は手術でも改善できます。

ガングリオン

関節を包む袋である関節包や、腱を包む腱鞘の一部が変形することによって生じます。女性に多く発症します。

  • 関節付近に、米粒大~ピンポン玉くらいの腫瘤(できもの)ができます。不快感はありますが、痛みが出ることはあまりありません。しかし、ガングリオンが手の神経付近に発生すると痛みなどの神経症状が起きます。
  • 痛みなど神経症状が出ていない場合は経過観察で自然治癒を目指します。ただし、他の疾患が隠れていることもあるので医療機関を受診した方が良いでしょう。神経症状が出て日常生活に支障が出ている場合は手術を検討します。

母指CM関節症

親指の付け根にある「CM関節」という関節が変形するのが原因です。CM関節は大きく動くので他の関節に比べて負担がかかりやすいのも原因の一つです。使い過ぎや加齢、亜脱臼や骨折によって症状が現れます。

  • 初期症状としては、何かを握った時の親指の付け根の痛みなどが挙げられます。症状が進行すると親指の付け根が膨らんできて、変形が分かるようになります。
  • 保存療法が最初に採られます。消炎効果のあるシップや固定を行うのが一般的です。CM関節の亜脱臼や変形が起きている場合は手術を行います。

橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折

橈骨とは前腕の骨の一つです。遠位端とは、手首側の端を意味します。肘を伸ばしたまま手をついて転んだ時によく見られる骨折です。中年以降の女性の場合、このケガが起こりやすいほか、若年層でも走っている最中に転んだり、高いところから落下したりしたときに負うことがあります。

  • 手首に強い痛みがあり、短時間の内に腫れ、横から見るとフォーク状に変形することがあります。手に力が入らず、反対の手を使うことを余儀なくされます。手指のしびれや親指を伸ばす腱が切れてしまうこともあります。
  • 腕の麻酔などで痛みを取ってから、手を指先の方向に引っ張って、ずれた骨片を元に戻す整復操作を行います。整復操作ができない場合は手術を行います。

肘部管症候群

肘の内側にある肘部管の中には尺骨神経という神経があります。その尺骨神経が圧迫されたり、牽引されることで麻痺が引き起こります。

  • 肘の内側から小指にかけて痺れや痛みを始め不快感が起きます。進行していくと手の筋肉が弱っていき、細かい作業ができなくなります。さらに筋力の低下に伴い握力も低下していきます。
    症候群というほどなので数種類の症状の総称になりますが、肘部管症候群の中には野球肘やテニス肘なども含まれます。野球肘・テニス肘は腕を振り下ろす動作のときに痛みが発生するのが特徴です。
  • 経過観察の保存療法が主な治療法ですが症状の進行が早い場合は手術を行います。手術は日帰りでできますが肘を2週間程度安静にしておく必要があります。

その他

その他の疾患や症状に関しましても、お困りのこと等がございましたらお気軽にご相談ください。

CONTACT

お電話でのお問い合わせ 048-682-1010